ソーシャルラーニング

ソーシャルラーニングとは、ソーシャル・メディアを学びのツールとして活用する学習システムの総称です。言語習得には最も適した学習環境だと思っています。

先生が生徒に教えるのは1対Nの関係ですが、ソーシャルラーニングではN対Nの関係となり、多くの人との学習が可能であり、これがソーシャルと呼ばれる理由です。言語が他の人の交流を目的としていますから、ソーシャルラーニングが英語習得により効果を発揮します。

英語(言語)習得は教師の要らない学習ですが、その学習が難しいのはディープラーニングでの反復練習が必要でありますが、逆にその脳は単調な反復練習を嫌うからです。

反面、脳の言語習得はディープラーニングの学習で事例を増やし、事例の記憶データを利用して学習の加速や認識精度の向上がされます。英語学習は反復練習を嫌いながらも、記憶に残すためには反復練習が不可欠と言ジレンマがあります。

脳がディープラーニングでパターンを学ぶのは類似性の特徴を学習しています。するとパターン学習とパターン認識を促進するためには最初からいろいろな人とのコミュニケーションすることは非常に効果的と言えます。

このように、英会話練習では反復練習は必須の条件です。私の教えた経験からでは、初期の段階では対話集での練習が効果的です。それは対話集の方が多くの仲間と練習ができて、反復練習が楽しくなるからです。ソーシャルラーニングにより反復練習を楽しい体験へと変えてくれるのです。

ソーシャルラーニングを対話練習に使えば、英会話学習の場合には練習量が何倍にも増え、英語文化圏に留学する以上の効果を生むこともできます。

その対話集の練習、つまりロールプレイをグループでする事で、学習がより楽しくなります。練習する相手が自分より上手でも、下手でも楽しいもので、良い練習となります。

将来的には英語のソーシャルラーニングこそが英会話習得の切り札になると思っています。その理想的な形を探求したいと思っています。

ソーシャルラーニングが実践できるのが英語の広場です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする