良くできました

 

時間(3:19) 英文数(77)

Julia and Todd look at praising students and it criticism is a good thing.

1.全英文と音声

英文を見ないで英語だけを聞いてください。何度聞いた後に英語を見てください。分からない単語は辞書で引いてください。

Todd: Talking about kids and school, what do you think about failure? Like it seems like we’re moving to where we’re not allowed to tell kids that they’re not doing well, that everybody has to be a winner. You know, everybody gets a good grade. What do you think about that especially as a teacher and a parent?

Julia: As a teacher, I think, I read something recently that the chastising a student, telling them they did bad, has no motivational value whatsoever but praise does. So definitely I think it’s important to always praise. If you have a really bad student and you can’t find anything to praise them on then I don’t know what the answer is really. But I’m sure you can always find something to praise someone on.

Todd: Yeah.

Julia: So I think it’s important to focus on the positives all the time.

Todd: See actually I kind of disagree.

Julia: Do you?

Todd: Yeah. I think that, you know, that your score is or your progress is absolute. Like either you pass or you fail, either you get high marks or low marks but that’s the motivation. Like if you get, if you don’t do well, then you want to try harder. You know, like if you’re a fat kid and you don’t want to be fat then you, you know, you’re motivated to lose weight or if you aren’t a star in the baseball team you need to practice harder so you move up. But if you tell kids that they’re doing great when actually they’re not exceptional then maybe that actually does harm.

Julia: OK, well maybe I misexplained that. I don’t mean give a false, I don’t mean say they’re doing well when they’re not doing well but what I mean is focus more on the successes than the failures.

Todd: Oh, I see. Like confidence building?

Julia: Yeah, I guess that’s what I mean more. But I guess we’re talking about motivation rather than an end result like, of course, yeah, you’re going to fail some things. I don’t know. I never failed that many things at school and later on in life when I did encounter failure, I took it pretty bad so perhaps it would have been healthier for me to have failed a few things. I don’t know.

Todd: Well that’s the question, isn’t it? Like when you fail or you do bad I think that maybe that’s the eye-opening moment you need to see. Like you need to see the truth rather than just tell somebody that they’re doing well when actually maybe they’re not or that they’re exceptional and talented when maybe they’re not.

Julia: When they’re not, that’s true. Yeah, there was another thing that I read as well about telling, praising children for their intelligence, you should never, you should never tell a child they’re smart because they get a false image of what intelligence is. You should always praise effort.

Todd: Ah, right.

Julia: As opposed to some sort of innate, what we believe to be an innate quality that you can never have if you don’t have it. So telling a child yeah you’re really smart, when the child faces a problem that requires them to apply themselves and maybe fail they’re afraid.

Todd: Mmm.

Julia: Because then they may think no I’m not intelligent after all. So it should always be about praising effort and actually the result is not so important.

2.全和文

トッド:子供と学校について話していますが、あなたは失敗についてどう思いますか。どうも我々は子供達が上手くやっていない事を言ってはいけないような方向に向いており、誰もが勝者でなければならないようになっています。あの、誰もが良い成績をもらいますね。特に先生として親としてそれについてはどう思いますか。

ジュリア:先生として、私が思うのは、最近生徒をとがめること、悪かったと言う事は、全くがんばろうとする動機にならない事を私は読みました、誉める事はつながるようです。ですから常に褒める事は重要だと思います。

もし、あなたには本当に良くない生徒がいて、そしてあなたが何も彼らをほめる事が見付けられない場合、私は答えがわかりません。

しかし、私は常にだれかをほめる事ができると称賛する何かを常に見つけることができると思います。 

トッド:はい。 

ジュリア:それで私は、常にポジティブな事に関心を持つことが重要であると思います。 

トッド:そうですか、実際には私は同意できません。 

ジュリア:あなたは違った意見を持っているのですか。 

トッド:はい、私は分かるようにあなたのスコアまたは成長は絶対的なものと思いです。合格するとか不合格と言うような、良いスコア悪いスコアそれが動機づけとなります。

例えばあなたが何を得ようとする時、うまくできなければ、あなたはより一生懸命に努力します。

分かると思いますが、あなたが太った子供であれば、あなたは太りたくありません、だから、体重を減らしたいという動機になり、野球のチームのスターでなければうまくなるために、あなたはより一生懸命に練習する必要があります。

しかし、もしあなたが子供達に実際うまくやっていない場合もよくやっていると言うのも例外でなければ、実はマイナスになると思います。 

ジュリア:OK、かなり多分、私はまちがった説明をしたかもしれませ。私は彼等らがうまくやっていないのに、嘘を言って彼らがうまくやっていると言うのでなく、私が意味するものが失敗でなくうまく行った事に関心を持つ事です。 

トッド:ああ、わかりました。自信をつけるように。 

ジュリア:はい、私が意味するのは、そのような事だと思います。

しかし、もちろん、我々は結果よりもむしろ努力する意欲について話していると、私は思います、我々は時には失敗するものです。私は、分かりません。

私は学校ではあまり失敗に遭遇しませんでしたがその後、失敗して時には非常に大変でしたから、その前に何度か失敗していた方がより健全だったかもしれません。私分かりません。 

トッド:はい、問題はそれですね。あなたが失敗した時、うまくできない時、私が思うには、私があなたは目を見開いて見る必要がある瞬間だと思います。

真実を見る必要があり、たとえば実際に多分彼らが実際にやっていないのに彼らが良くやっているとか、そうでないのに特別であるとか、才能があるとか言う事でありません。 

ジュリア:彼らがそうでない場合は、それは正しいかもしれません。

はい、他にも子供たちの知性について話したり、ほめたりする事について読んだ事で、決して、決してして言ってはいけない事は彼らが利口だと言う事です、それはあなたが彼らが知性が何であるかという間違ったイメージを与えるからです。

あなたは、常に努力をほめるべきなのです。 

トッド:ああ、正しいですね。 

ジュリア:それは持っていなければ絶対に持ち得ない、少なくとも我々が持って生まれたと思いたい、生まれつきなものに対するものです。

あなたが子供に本当に利口だと言うと、子供が知性を適用する問題に直面した時に、多分失敗するかも知れないし、恐れるかもしれません。 

トッド:うーん。 

ジュリア:なぜならば、結局は私は知的でなかったと思うかも知れません。ですから常に努力をほめるべきで、実は結果はそれほど重要でありません。

 

 

3.個別の和文と音声と英文

なるべく英文を見ないで英語の音を直接聞いて覚えてください。

子供と学校について話していますが、あなたは失敗についてどう思いますか。

Talking about kids and school, what do you think about failure?

 

どうも我々は子供達が上手くやっていない事を言ってはいけないような方向に向いており、誰もが勝者でなければならないようになっています。

Like it seems like we’re moving to where we’re not allowed to tell kids that they’re not doing well, that everybody has to be a winner.

 

あの、誰もが良い成績をもらいますね。特に先生として親としてそれについてはどう思いますか。

You know, everybody gets a good grade. What do you think about that especially as a teacher and a parent?

 

先生として、私が思うのは、最近生徒をとがめること、悪かったと言う事は、全くがんばろうとする動機にならない事を私は読みました、誉める事はつながるようです。ですから常に褒める事は重要だと思います。

As a teacher, I think, I read something recently that the chastising a student, telling them they did bad, has no motivational value whatsoever but praise does. So definitely I think it’s important to always praise.

 

もし、あなたには本当に良くない生徒がいて、そしてあなたが何も彼らをほめる事が見付けられない場合、私は答えがわかりません。

If you have a really bad student and you can’t find anything to praise them on then I don’t know what the answer is really.

 

しかし、私は常にだれかをほめる事ができると称賛する何かを常に見つけることができると思います。

But I’m sure you can always find something to praise someone on.

 

はい。

Yeah.

 

それで私は、常にポジティブな事に関心を持つことが重要であると思います。

So I think it’s important to focus on the positives all the time.

 

そうですか、実際には私は同意できません。

See actually I kind of disagree.

 

あなたは違った意見を持っているのですか。

 

Do you?

 

はい、私は分かるようにあなたのスコアまたは成長は絶対的なものと思いです。合格するとか不合格と言うような、良いスコア悪いスコアそれが動機づけとなります。

Yeah. I think that, you know, that your score is or your progress is absolute. Like either you pass or you fail, either you get high marks or low marks but that’s the motivation.

 

例えばあなたが何を得ようとする時、うまくできなければ、あなたはより一生懸命に努力します。

Like if you get, if you don’t do well, then you want to try harder.

 

分かると思いますが、あなたが太った子供であれば、あなたは太りたくありません、だから、体重を減らしたいという動機になり、野球のチームのスターでなければうまくなるために、あなたはより一生懸命に練習する必要があります。

You know, like if you’re a fat kid and you don’t want to be fat then you, you know, you’re motivated to lose weight or if you aren’t a star in the baseball team you need to practice harder so you move up.

 

しかし、もしあなたが子供もがうまくやっていないのにうまくやっていると言うのも、それは例外でなければ多分それは実はマイナスになると思います。

But if you tell kids that they’re doing great when actually they’re not exceptional then maybe that actually does harm.

 

OK、かなり多分、私はまちがった説明をしたかもしれません。私は彼等らがうまくやっていないのに、嘘を言って彼らがうまくやっていると言うのでなく、私が意味するものが失敗でなくうまく行った事に関心を持つ事です。

OK, well maybe I misexplained that. I don’t mean give a false, I don’t mean say they’re doing well when they’re not doing well but what I mean is focus more on the successes than the failures.

 

ああ、わかりました。自信をつけるように。

Oh, I see. Like confidence building?

 

はい、私が意味するのは、そのような事だと思います。

しかし、もちろん、我々は結果よりもむしろ努力する意欲について話していると、私は思います、我々は時には失敗するものです。私は、分かりません。

Yeah, I guess that’s what I mean more. But I guess we’re talking about motivation rather than an end result like, of course, yeah, you’re going to fail some things. I don’t know.

 

私は学校ではあまり失敗に遭遇しませんでしたがその後、失敗して時には非常に大変でしたから、その前に何度か失敗していた方がより健全だったかもしれません。私分かりません。

I never failed that many things at school and later on in life when I did encounter failure; I took it pretty bad so perhaps it would have been healthier for me to have failed a few things. I don’t know.

 

はい、問題はそれですね。あなたが失敗した時、うまくできない時、私が思うには、私があなたは目を見開いて見る必要がある瞬間だと思います。

 

Well that’s the question, isn’t it? Like when you fail or you do bad I think that maybe that’s the eye-opening moment you need to see.

 

真実を見る必要があり、たとえば実際に多分彼らが実際にうまくやっていないのに彼らが良くやっているとか、そうでないのに特別であるとか、才能があるとか言う事でないと思います。

Like you need to see the truth rather than just tell somebody that they’re doing well when actually maybe they’re not or that they’re exceptional and talented when maybe they’re not.

 

彼らがそうでない場合は、それは正しいですね。

When they’re not, that’s true.

 

はい、他にも子供たちの知性について話したり、ほめたりする事について読んだ事で、決して、決してして言ってはいけない事は彼らが利口だと言う事です、それはあなたが彼らが知性が何であるかという間違ったイメージを与えるからです。

あなたは、常に努力をほめるべきなのです。

Yeah, there was another thing that I read as well about telling, praising children for their intelligence, you should never, you should never tell a child they’re smart because they get a false image of what intelligence is. You should always praise effort.

 

ああ、正しいですね。

Oh, right.

 

それは持っていなければ絶対に持ち得ない、少なくとも我々が持って生まれたと思いたい、生まれつきなものに対するものです。

As opposed to some sort of innate, what we believe to be an innate quality that you can never have if you don’t have it.

 

あなたが子供に本当に利口だと言うと、子供が彼等自身に知性を適用する問題に直面した時に、多分失敗するかも知れないし、恐れるかもしれません。

So telling a child yeah you’re really smart, when the child faces a problem that requires them to apply themselves and maybe fail, they’re afraid.

うーん。

Mmm.

なぜならば、結局は私は知的でなかったと思うかも知れません。ですから常に努力をほめるべきで、実は結果はそれほど重要でありません。

Because then they may think no I’m not intelligent after all. So it should always be about praising effort and actually the result is not so important.

 

4.ジュリアの音声でトッドの練習

ジュリアの全体音

 

ジュリアの個別音

トッド:子供と学校について話していますが、あなたは失敗についてどう思いますか。

どうも我々は子供達が上手くやっていない事を言ってはいけないような方向に向いており、誰もが勝者でなければならないようになっています。

あの、誰もが良い成績をもらいますね。特に先生として親としてそれについてはどう思いますか。

トッド:はい。

 

トッド:そうですか、実際には私は同意できません。

 

トッド:はい、私は分かるようにあなたのスコアまたは成長は絶対的なものと思いです。合格するとか不合格と言うような、良いスコア悪いスコアそれが動機づけとなります。

例えばあなたが何を得ようとする時、うまくできなければ、あなたはより一生懸命に努力します。

分かると思いますが、あなたが太った子供であれば、あなたは太りたくありません、だから、体重を減らしたいという動機になり、野球のチームのスターでなければうまくなるために、あなたはより一生懸命に練習する必要があります。

しかし、もしあなたが子供達に実際うまくやっていない場合もよくやっていると言うのも例外でなければ、実はマイナスになると思います。

 

トッド:ああ、わかりました。自信をつけるように

トッド:はい、問題はそれですね。あなたが失敗した時、うまくできない時、私が思うには、私があなたは目を見開いて見る必要がある瞬間だと思います。

真実を見る必要があり、たとえば実際に多分彼らが実際にやっていないのに彼らが良くやっているとか、そうでないのに特別であるとか、才能があるとか言う事でありません。

 

トッド:ああ、正しいですね。

 

トッド:うーん。

 

5.トッドの音声でジュリアの練習

トッドの全体音

 

トッドの個別音

 

ジュリア:先生として、私が思うのは、最近生徒をとがめること、悪かったと言う事は、全くがんばろうとする動機にならない事を私は読みました、誉める事はつながるようです。ですから常に褒める事は重要だと思います。

もし、あなたには本当に良くない生徒がいて、そしてあなたが何も彼らをほめる事が見付けられない場合、私は答えがわかりません。

しかし、私は常にだれかをほめる事ができると称賛する何かを常に見つけることができると思います。

 

ジュリア:それで私は、常にポジティブな事に関心を持つことが重要であると思います。

 

ジュリア:あなたは違った意見を持っているのですか。

 

 

ジュリア:OK、かなり多分、私はまちがった説明をしたかもしれませ。私は彼等らがうまくやっていないのに、嘘を言って彼らがうまくやっていると言うのでなく、私が意味するものが失敗でなくうまく行った事に関心を持つ事です。

ジュリア:はい、私が意味するのは、そのような事だと思います。

しかし、もちろん、我々は結果よりもむしろ努力する意欲について話していると、私は思います、我々は時には失敗するものです。私は、分かりません。

私は学校ではあまり失敗に遭遇しませんでしたがその後、失敗して時には非常に大変でしたから、その前に何度か失敗していた方がより健全だったかもしれません。私分かりません。

 

ジュリア:彼らがそうでない場合は、それは正しいのです。

はい、他にも子供たちの知性について話したり、ほめたりする事について読んだ事で、決して、決してして言ってはいけない事は彼らが利口だと言う事です、それはあなたが彼らが知性が何であるかという間違ったイメージを与えるからです。

あなたは、常に努力をほめるべきなのです。 

ジュリア:それは持っていなければ絶対に持ち得ない、少なくとも我々が持って生まれたと思いたい、生まれつきなものに対するものです。

あなたが子供に本当に利口だと言うと、子供が知性を適用する問題に直面した時に、多分失敗するかも知れないし、恐れるかもしれません。 

ジュリア:なぜならば、結局は私は知的でなかったと思うかも知れません。ですから常に努力をほめるべきで、実は結果はそれほど重要でありません。

  

 

6.会話練習

ほめ方について話してください。

著者・訳者・編集者

Todd Beuckens  桜井恵三

著作権

合同会社ディープラーニング

発行年月日:

2017年6月21日 発行

利用規約

本書の一部または全部を著作権法の定める範囲を越えて、無断で複製・複写・転載・改ざん・公衆送信することを禁じます。