対話-1(教材)

全音声

まず音声だけを聞いてください。もし聞き取れない場合は英語力の問題ではなく、その英語の音を覚えていないだけです。これから個別に音を真似て、その音と意味を覚えていきます。

これから対話集を覚えていくと確実に英語の聞き取れる表現が増えてきます。

分からない単語があったらタップ(クリック)してその意味を調べてください。

英文が理解できない場合は和訳を参照してください。

全英文

Todd: OK, Clare we gonna talk about your house.

Clare: OK.

Todd: OK, do you live in a big house or a small house?

Clare: I live in quite a big house.

Todd: A big house. Really!

Clare: Mm!

Todd: OK, how many rooms does it have?

Clare: About 12.

Todd: Jeez! 12 rooms.

Clare: Yeah.

Todd: Wow. Is it a new house or old house?

Clare: It’s about 80 years old.

Todd: Wow. OK. I guess, well that’s old for America, but that’s probably not very old.

Clare: That’s not very old for England.

Todd: Wow. OK. What is in your kitchen?

Clare: A big round table and a cooker.

Todd: OK. And what is in the living room?

Clare: A TV and a video.

Todd: OK. Do you watch TV a lot?

Clare: Yes.

Todd: OK. Uh, what do you watch on TV?

Clare: Anything. I don’t really like watching sport.

Todd: Oh.

Clare: I like watching TV series.

Todd: Oh, wow, that’s the only thing I like is sports.

Clare: Some sports are OK. I do golf, snooker, and sports like that.

Todd: Yeah. OK. Great. Thanks.

全和訳

トッド:あの、クラレあなたの家に関して話したいのですが。

クラレ:はい。

トッド:はい、あなたは大きな家に住んでいますか、小さな家に住んでいますか。

クラレ:私はかなり大きな家に住んでいます

トッド:大きな家ですか。本当ですか。 

クラレ:はい。 

トッド: (その家には)いくつの部屋があるのですか。 

クラレ:12部屋です。 

トッド:すごいですね。12部屋ですか。 

クラレ:はい。

トッド:そうですか。それは新しい家ですか、それとも古い家ですか。 

クラレ:それは80年くらいの古い家です。 

トッド:そうですか。OK、多分それはアメリカでは古いのですが、それはあまり古くないのかもしれませんね。 

クラレ:それは英国ではあまり古くありません。 

トッド:そうですか。OK。台所に何がありますか。 

クラレ:大きな丸いテーブルとレンジです。 

トッド:そしてリビング・ルームには何がありますか。 

クラレ:テレビとビデオです。 

トッド:テレビを良く見ますか。 

クラレ: はい。 

トッド: OK。そうですか、テレビで何を見ますか。 

クラレ:なんでも。私はスポーツは見るのは好きでありません。 

トッド:そう。 

クラレ:私はテレビのシリーズ物を見るのが好きです。 

トッド:そうですか。私が好きな唯一のものはスポーツです。 

クラレ:いくつかのスポーツは良いと思います。ゴルフとかスヌーカーとかそのようなスポーツをします。 

トッド:そうです。それは凄い。ありがとう。 

注意点

英語(言語)の基本は文法ではありません。しかし、慣習的な言い方があります。英語には慣習的に使われ単語や表現に注意を払ってください。日本人が良く間違を起こす単語や表現です。

1 I live in quite a big house.

quiteは日本語のかなりと言う意味です。かなり大きいはquite  bigと言いそうですが、冠詞のaの前に使われています。多分その方が発音が楽だからと思います。

2 how many rooms does it have?

部屋がいくつありますか聞く場合、how many rooms are there?と聞きたくなりますが、この場合の日本語の「ある」は部屋が持っていると言う表現なるため、haveが使われます。

3. Jeez!

jeezとは”Jesus”の略語で、「あらまあ」や「なんてこった」という意味のスラングです。
驚いたときやショックを受けたときによく使われます。

“Jeez! The watch i bought was broken.” “For real?”
「なんてこった!買った時計が壊れていたよ。」「マジで?」

4What is in your kitchen?

日本語のこの場合の「ありますか」はis thereではなく、What is in your kitchen?になります。

5. what do you watch on TV?

映画やテレビを見る場合はwatchを使います。しかし、テレビの方を見るなら、

Look at that television.となります。